【旅行会社】店頭営業での先輩との売上争奪。売上ても先輩の訂正で自分の知らない間に売上を取られ、頑張ることが嫌になってやめました。

【旅行会社】店頭営業での先輩との売上争奪。売上ても先輩の訂正で自分の知らない間に売上を取られ、頑張ることが嫌になってやめました。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
24歳

【当時の職業】
旅行業の店頭営業

【当時の住まい】
賃貸マンションで彼氏と同棲していた

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
大学生の時に総合旅行業務取扱管理者の資格をしゅとくしたことで、旅行業に興味が湧き、また自分の趣味である旅行を仕事にできると嬉しいだろうとの考えで就職しました。

【環境と仕事内容】
指導社員として後輩の育成、海外旅行パッケージチーフとして販促活動、大きな店舗だったが店頭営業は若手ばかりのため3年目で売上トップに。
お客様は出張の手配が半数以上で時間がない中手配が必要。
日勤で基本3日に1日休み。
連休はほぼ無し。
有給休暇もほぼ取れず2年目以降はほぼ満タンで捨ててしまっていた。
買い取りもなかった。

【大変だった時期】
大学新卒で就職して2年目以降からずっと大変だった。




【大変だったこと】
10時から20時の勤務時間だが、閉店時間を少し過ぎたくらいでは閉店できない。
無理やりドアをこじ開けてギリギリではいってくるお客様の対応に追われて22時過ぎまで店舗に残っていることも多々あった。
売上トップにもかかわらず、年功序列のため給与は他と差がつかない。
また、売上が悪い人でもボーナスが下がらない売上がよくてもボーナスが上がらないという仕事ができる人が損をするようなしくみになっている。
連休があまり取れず、長期で旅行に行くことが難しい。
年中無休のため年末年始の休みやゴールデンウィークなど周りとのやすみが合わない。
上司がかなり飲み会好きで、ほぼ毎週月曜日に終電間際まで付き合わされていた、(上司の休みが火曜日のため)

【大変だった期間】
転職するまでずっと続いていた。




【当時の心境】
どんなに頑張っても評価されず、仕事ができない、頑張っていない人が普通に自分とおなじ給料をもらっていると思うと向上心が無くなった。
また、給与も低いためとくにやりがいを感じられなくなってしまった。
仕事の終了時間も遅いためプライベートも充実できず将来が不安だったため転職した。

【職場が大変だった原因】
仕事内容のためしょうがないことかとは思うが、給与や評価の面は会社の考え方。
もうすこし報われるようなシステムであればがんばれたと思う。




【仕事で良かったこと】
お客様から感謝の言葉をいただいたときや、旅行から帰ってきたときのプレゼントをいただきたい時はやりがいを感じた。
指名してくれる方の中には退職する時もお手紙やプレゼントを送ってくれたりと気にかけてくださって、嬉しかった。




【特にひどかった最悪の出来事】
自分が売り上げた海外旅行の変更に、自分が休みの時に対応した先輩が売上者の変更をした。
自分のノルマが厳しいとの発言が度々あった人であったが、売上者の変更は基本役職者でないとできないため、旅行変更するにあたって新しく自分で売上作成し横取りした。
翌日変更を聞かされてその後対応した時に気づいたが、そのあと顧客を送り出すまで私が対応したにもかかわらず売上者がそのまま先輩になったことは今でも悔しくて悲しい気持ちになる。
その人とはそれまで同じ海外旅行チームで協力しあいながら仕事をしていたためかなりショックな出来事であった。
今は退職したが今後自分の中で反面教師として後輩に仕事でかかわる時にはこういったことは絶対にないように気をつけている。




【相談した人・助けてくれた人】
同期が5人いたため全員で仕事終わりに飲みに行ったら、遊びにいったりしながら乗り換えてきた。
中でも1人1番仲のいい同期は落ち込んでいたらメールボックスにお菓子をいれてくれたり、声をかけてくれたりかなり助けられた。

【改善のための行動】
誰よりも店頭に立ち、1人でも多くのお客様の対応を行えるように心がけた。
横取りされないように終始自分で対応するようにし、特別なお客様にはかならず自分の出勤日をお伝えするようにしてリピーター増加を計ったところ、3年連続売上トップになることができた。




【現在の状況と心境の変化】
転職から4年経つが、現在の職場でも職種は違えど少なからず同じような状況と感じることはある。
ただ、営業成績と給与がどうと比較することは無くなったので気持ちとしては楽になった気がする。
ただ、旅行業はとても好きな業界なので今後状況がよくなったりしたら店頭営業とは違う形でかかわってみたいと考えているところである。

【学んだこと】
他人と比べるからしんどくなることもあるため、自分は自分で仕事をすること。
また、そういったことに左右されない職種につくことが最も向上心をそがないと言うことになるということを学んだ。



【当時の自分へのアドバイス】
もう少し頑張らずにのびのびと仕事をすれば良いと思う。
他人と比べず自分がしたいように進めていけば必ず報われる。
また、過度に付き合いを大事にしなくてもプライベートを優先させていくことも大切。
周りに合わせることも大切だが、自分のやりたいことをとことん考えて自分が働きやすい環境を自分でつくると向上心も上がってくるはず!